主な事業の紹介

企画展

企画展を開催しています

地下1階の「情報展示コーナー」では企画展として、毎年テーマを変えて約30分の映像作品を制作し、大型スクリーンで上映しています。また、タッチパネル端末で、そのテーマに沿った被爆体験記や追悼記を紹介するほか、関連の深い遺品なども展示しています。

映像作品は過去の企画展(2013年以降)も含めてDVDで貸出しています。電子メールまたはファクスでお申込みください。

開催中の企画展

時を超えた兄弟の対話 ―ヒロシマを描き続けた四國五郎と死の床でつづった直登の日記―

チラシ

画家としての才能を、反戦・核兵器廃絶を訴えることに全てささげた四國五郎(1924-2014)。そのきっかけは、最愛の弟・直登(1927-1945)が原爆により18歳で短い生涯を閉じたことでした。

「死んだ人々に代わって絵を描こう。戦争反対・核兵器廃絶を。芸術になろうがなるまいが...」弟の死が兄にこう決意させたのです。

企画展では、被爆当日から亡くなるまで、病床でつづられた弟・直登の日記を中心に、兄・五郎の追悼文や作品を紹介しながら、時を超えた2人の対話を再現します。

開催期間

令和2年(2020年)1月1日(水)~ 令和3年(2021年)2月28日(日)
開催期間を延長しました。

展示会場

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

地下1階 情報展示コーナー

展示内容
(1)大型スクリーンによる映像展示

女優の木内みどりさんが五郎と直登の二役を演じ、映画監督で俳優の塚本晋也さんがナレーションを務めます。

(2)四國直登の日記や四國五郎の作品集及び追悼記

会場内にある情報端末では、日本語、英語、韓国・朝鮮語、中国語の4言語で、閲覧できます。

(3)四國五郎の実際の絵画作品約20点

これからの企画展

2021年(2021/3/1-2022/2/28)

わが命つきるとも-神父たちのヒロシマと復活への道-

広島に原爆が落とされた194586日、イエズス会の幟町教会(爆心地から約1.2キロ)には4名の外国人神父がいました。2名は重傷を負いましたが、皆で力を合わせて教会の仲間や隣家の人を救い出した後、近くの縮景園へ避難します。

一方、広島市郊外、長束のイエズス会修練院(爆心地から約4.5キロ)へは、救いを求めて100名近くの被爆者たちが詰めかけ、86日の午後には野戦病院の状態と化しました。長束修練院の院長、アルペ神父は大学で医学を専攻した経歴があり、「今こそ私が身につけていた医学の知識を生かす時」と、直ちに自室を手術室に充て、他の神父や修道女たちと共に不眠不休の治療にあたりました。

この企画展では、被爆後の状況を克明に描いた外国人神父たちの体験記を通して、ヒロシマの復活への道をたどります。

これまでの企画展

2019年(1/1-12/29)

流燈 広島市女原爆追憶の記 最も多くの犠牲を出した女学校の記録

チラシ

被爆当時、現在の中学生以上の生徒たちは、食糧生産や軍需工場に動員され。約7,200名の子どもたちが犠牲となりました。中でも、建物疎開作業のため爆心地に近い屋外で作業をしていた広島市立第一高等女学校は666名の生徒が亡くなりました。13回忌を迎えた1957年(昭和32年)8月、遺族による追悼集『流燈』が刊行されました。企画展では、『流燈』に掲載された体験記を中心に遺影や関連資料を展示しました。

2018年(1/1-12/29)

星は見ている―全滅した広島一中一年生父母の手記集

チラシ

1945年8月6日早朝、広島の街には、炎天下で作業する子どもたちの姿がありました。爆撃からの延焼を防止するため、防火帯をつくるという建物疎開作業に従事して、犠牲となった広島県立広島第一中学校生徒の遺族が思いを込めて綴った『星は見ている』、この追悼集を題材に原爆がその家族に何をもたらしたのか、子どもたちは何を訴えて亡くなっていったのか、突然に目の前から消え去ったわが子への思いを感じていただきました。

2017年(1/1-12/29)

原爆体験記―ヒロシマ原点の記録―その2

チラシ

1950年、広島市は初めて市民から原爆体験記を募集しました。まとめられた「原爆体験記」は広く配布し、原爆の悲惨さを訴えるはずでした。しかし、朝鮮戦争の勃発による東西冷戦の激化を受け、8月6日の平和祭は直前に中止となり、「原爆体験記」も配布されず、倉庫に眠ったままとなりました。被爆わずか5年後に書かれたヒロシマ原点の記録、生々しい記憶を基に記された体験記から、戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えました。

2016年(1/1-12/29)

原爆体験記―ヒロシマ原点の記録―

チラシ

1950年、広島市は初めて市民から原爆体験記を募集しました。まとめられた「原爆体験記」は広く配布し、原爆の悲惨さを訴えるはずでした。しかし、朝鮮戦争の勃発による東西冷戦の激化を受け、8月6日の平和祭は直前に中止となり、「原爆体験記」も配布されず、倉庫に眠ったままとなりました。被爆わずか5年後に書かれたヒロシマ原点の記録、生々しい記憶を基に記された体験記から、戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えました。

2015年(1/1-12/29)

原爆の子 広島の少年少女のうったえ

チラシ

被爆から6年、広島の街が復興へと歩む中、子どもたちが書いた被爆体験記集「原爆の子 広島の少年少女のうったえ」が出版されました。帰らない父母を待ちながら「お父ちゃん、お母ちゃん」と泣いた日々、二度と会えなくなったやさしい兄や姉、かわいい弟や妹たちの思い出。今も読み続けられている被爆体験記集を紹介し、子どもたちが体験した戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えます。被爆時小学校4年生以上の子どもたちが執筆した被爆体験記38編を紹介しました。

2014年(1/1-12/29)

原爆の子 広島の少年少女のうったえ

チラシ

被爆から6年、広島の街が復興へと歩む中、子どもたちが書いた被爆体験記集「原爆の子 広島の少年少女のうったえ」が出版されました。帰らない父母を待ちながら「お父ちゃん、お母ちゃん」と泣いた日々、二度と会えなくなったやさしい兄や姉、かわいい弟や妹たちの思い出。今も読み続けられている被爆体験記集を紹介し、子どもたちが体験した戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えます。被爆時小学校3年生以下の子どもたちが執筆した被爆体験記67編を紹介しました。

2013年(1/1-12/29)

ヒロシマ復興への歩み ―被爆後の混乱を生き抜く―

チラシ

原爆で家族を失い自らも傷ついた人々は、食糧や物資の不足に苦しめられ、放射線の後障害におびえながらも生活再建へと歩み始めました。被爆後の混乱の中を生き抜いた人々の姿と復興への歩みを紹介しました。

2012年(8/1-9/30)

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館開館10周年記念特別企画展 失われた爆心の街~原爆死没者の遺影と被爆体験記から~

チラシ

開館10周年を記念し、特別企画展を開催しました。現在の平和記念公園周辺に焦点をあて、この地域で被爆した方々の遺影と被爆体験記を展示し、また、この地域の被爆前の写真、当館建設時に発掘された被爆資料や地層の断面標本などを紹介しました。

2012年(1/2-12/29)

しまってはいけない記憶―家族への思い―

チラシ

迫りくる火の手に、助けることができないまま、亡くなった我が子、あの朝、「いってきます」と元気に出かけたまま、行方不明となり戻ってくることのなかった姉、焼け崩れた店跡から、息子が贈ったベルトの金具とともに、発見された父の遺体、十分な治療が受けられず、ただ、苦痛に耐えて亡くなった母。被爆の惨状と亡くなった家族への思い、平和への願いを紹介しました。

2011年(1/2-12/28)

しまってはいけない記憶―さし出された救いの手―

チラシ

だれもが我が身のことで精一杯の中、見も知らぬ人の声に立ち止まり、必死で救出活動をする人、被災者に貴重な食べ物や衣類を提供する人がいました。救護所では、多くの人が寝食を忘れて看護に携わっていました。火の迫る中での救出、思いもかけぬ親切、必死の看護、苦しい時にさし出された救いの手は、希望を失いかけた被災者に生き抜く勇気を与えました。

2010年(4/1-12/28)

しまってはいけない記憶―国民義勇隊と建物疎開―

チラシ

1945年8月6日、広島市では市内及び周辺町村や職場から多数の国民義勇隊員が出動し、動員学徒たちと共に建物疎開の作業に参加していました。原子爆弾がさく裂し、逃げ惑う隊員たち。急ぎ救援隊を送り出す地域や職場の混乱。じっと待つ家族や同僚の不安。そして、変わり果てた姿で帰ってきた隊員への必死の看護。こうした状況を紹介しました。

2009年度(4/1-3/31)

しまってはいけない記憶―救護の場所を求めて―

チラシ

一発の原子爆弾により、広島市は一瞬にして廃虚と化し、多くの人々が死傷しました。薬も食糧もなく避難する多くの人々、焼け残った建物や周辺の施設には被災者を救うための救護所が設置されました。そこには治療してもらうため、あるいは食糧を求めて被災者が集まりました。こうした建物や施設の様子が書かれた体験記を中心に紹介しました。

2008年度(4/1-3/31)

しまってはいけない記憶―水を求められて―

チラシ

原爆で重傷を負った人は、周囲に「水をください」と求めました。ある人は水を与えると死んでしまうと思い、与えませんでした。また、最後の願いをかなえてあげようと、水を与えた人もいました。しかし、水を飲んだ人も、飲まなかった人も、多くはまもなく亡くなってしまいました。その時の対応を今でも後悔している人がいます。被爆者から水を求められた時の様子が書かれた体験記を中心に紹介しました。

2007年度(4/1-3/31)

しまってはいけない記憶―助けを求める声を後にして―

チラシ

原爆により広島の街は大混乱に陥り、多くの人が助けを求めましたが、その後、起こった火災などによって、十分な救助活動はできませんでした。助けを求められながらも、助けることができなかった人々の体験記を中心に紹介しました。

2006年度(4/1-3/31)

しまってはいけない記憶―焦土をさまよう―

チラシ

原爆により焦土と化した広島の街には、助けを求めて避難する負傷者や、家族・知人の安否をたずねて探し回る人など、さまざまな人々が行き交っていました。被爆者一人一人が当時歩いた道筋をたどり、その途中で見聞きした被爆の惨状を、被爆者自身が書いた体験記を中心に、地図や関連写真などとともに紹介しました。

2005年(7/8-9/30)

被爆60周年 広島・長崎共同企画展 しまってはいけない記憶―体験記にみる被爆の実相

チラシ

体験記を中心に、広島・長崎の原爆被害を伝えました。「戦前」、「戦時下の生活」、「原爆投下」、「救援・救護」、「消えない苦しみ」、「断ち切られた家族の絆」、「動員学徒の犠牲」、「平和への願い」の各コーナーを設け、体験記と関連資料を紹介しました。

2005年度(4/1-3/31)

しまってはいけない記憶―体験記にみる被爆の実相―

チラシ

体験記に綴られた、あの日の記憶。 自らの痛み、家族を失った悲しみ、いつ現れるかもしれない原爆症への不安。体験記を通して原爆が人間にもたらしたものを紹介しました。

2004年度(4/1-3/31 前期4/1-9/30 後期10/1-3/31)

しまってはいけない記憶―体験記にみる救援・救護活動

チラシ

自分の負傷もかえりみず、負傷者の治療を続けた医師。応援要請を受け県外から入市、寝食をわすれ、患者の手当てにあたった看護婦など、救援・救護活動に従事した人々の体験記を紹介しました。

2003年度(4/1-3/31 前期4/1-9/30 後期10/1-3/31)

しまってはいけない記憶―肉親を奪われて―

チラシ

原爆で親や子、妻や夫あるいは兄弟姉妹を失った方々の体験記及びそれに関連した遺品等を紹介し、被爆者一人ひとりの想いを伝えました。

2002年度(8/1-3/31 研修室の展示は9/30まで)

しまってはいけない記憶―被爆体験記にみる動員学徒―

チラシ

動員学徒の被爆の概要と体験記・追悼記を紹介しました。

このページに掲載されている動画の著作権は、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が所有しています。「私的使用による複製」や「引用」などの著作権法上認められる場合を除き、無断で、使用・複製・転載・販売・改変・配布することはできません。使用等を希望される方は、事前に当館にご相談ください。お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る