主な事業の紹介

被爆体験伝承者などの派遣

被爆体験伝承者・被爆体験証言者・被爆体験記朗読ボランティアを全国に派遣します

被爆者の体験や平和への思いを次世代に語り継ぐため、「被爆体験伝承者」、「被爆体験証言者(被爆者ご本人)」、「被爆体験記朗読ボランティア」を全国に無料で派遣する「被爆体験伝承者等派遣事業」を実施しています。

原則、全国のいずれの地域にも派遣し、派遣先では申込区分(被爆体験伝承講話、被爆体験証言講話、被爆体験記朗読会)のうち一つを開催いたします。

学校や自治体などで行う平和学習において、被爆の実相や被爆者の平和への想いなどを直接、学んでみませんか。

事業の詳細はこちらをご覧ください。

申込区分の紹介

被爆体験伝承講話

被爆者から被爆体験を受け継いだ「被爆体験伝承者」による講話です。写真や絵、図表などを用いながら分かりやすくお話しします。

被爆体験伝承講話の写真
被爆体験証言講話

被爆者ご本人である「被爆体験証言者」が、ご自身の被爆体験や平和への思いをお話しします。

  • ※この講話は12月~翌年3月までの間に限ります。
    また、聴講者数は概ね40名以上とします。
    なお、同一年度内に広島市内でこの講話を聴講する団体や修学旅行の事前学習を目的とする学校は対象外になりますので、ご注意ください。
被爆体験証言講話の写真
被爆体験記朗読会

原爆被害の概要(DVD)を視聴した後、被爆者が書いた体験記や詩を「被爆体験記朗読ボランティア」2名が朗読します。聴講者による朗読体験も行います。

被爆体験記朗読会の写真

申込方法

オンライン予約システムでお申込みください。(この申込は広島への申込に限ります。)

被爆体験伝承者等派遣オンライン予約システム

申込みにあたっての留意事項

1 派遣期間

令和2年4月から令和3年3月まで

ただし、被爆体験証言者の派遣期間は令和2年12月から令和3年3月まで

2 派遣対象

広島市外の全国の小学校(4年生以上の高学年)、中学校、高等学校、大学、自治体などが主催する平和学習の場

3 費用負担等

派遣に係る費用(交通費、宿泊費、謝礼金)は当館が負担します。会場に係る経費や必要機材の準備は申込者の負担となります。また、最寄り駅までの派遣者の出迎え、車等での送迎をお願いします。

4 申込期限

派遣希望月の3カ月前の月の月末まで

最終受付は12月28日です。

(例)7/16派遣希望の場合の締切 ⇒ 4/30(ただし4月派遣は2月末日)

5 申込回数

被爆体験伝承講話、被爆体験記朗読会、被爆体験証言講話のいずれかを、1年度内に1回のみです。

6 開催時間

全体の開催時間1時間30分を確保(学校の場合は授業2コマ)してください。

申込団体の感想はここをご覧ください。

開催結果報告書の提出

終了後、開催結果報告書を開催日から10日以内に電子メールで送信してください。

また、開催風景を写真撮影していただき、この報告書に2枚(会場全体の様子・派遣者の正面)添付してください。報告書の内容や写真は当館ホームページに掲載する場合があります。あらかじめご了承ください。

お申し込み・お問い合わせ先

被爆体験伝承者等派遣事業に係る専用電話及び電子メール

TEL 082-207-1202

電子メール haken@hiro-tsuitokinenkan.go.jp

ページの先頭へ戻る