被 爆 体 験 記

小田 直子(おだ なおこ)

 昭和二十年八月六日、その日は暑く、朝から(じょう)天気(てんき)で雲一つない日本晴れであった。
 その頃広島女学院(ころひろしまじょがくいん)の二年生だった私は、 雑魚場(ざこば)(ちょう)家屋疎開(かおくそかい)(あと)かたづけの()(ぎょう)に行かなければならなかった。
 「おはよう」、「おはよう」、校庭(こうてい)に集まった先生と生徒。 これが最後(さいご)の朝として(むか)えなければならないと、(だれ)想像(そうぞう)()たでしょう。
 「花も(つぼみ)(わか)(ざくら)」と元気に歌いながら雑魚場(ざこば)(ちょう)に向かって学校を出発したのが午前七時半、着いたのは八時()ぎであったでしょうか。
 その(ころ)いつも携帯(けいたい)していた救援袋(きゅうえんぶくろ)を下に置いて仕事に立った時である。 (だれ)かの「B29よ。」という(さけ)び声が終るか終らないかの中に、一瞬閃光(いっしゅんせんこう)がきらめいて、 私は()(しき)を失った。
 それから、どのくらいの時を(けい)()していたのであろうか。不意(ふい)に気がつくと、あたりは真暗(まっくら)で、 私は地上に押し倒されていた。もうもうと立ちこめる(ほこり)に息もできない有様(ありさま)であった。ああ、どうしよう。 私は今まで一体(いったい)どうしていたのであろう。不安と(さび)しさで(むね)一杯(いっぱい)であった。()き上ろうとすると、 足の方で(だれ)か人の身体(からだ)(ふれ)る感じがした。「お母ちゃん、お母ちゃん、助けて」と泣き(さけ)ぶ声。私も泣いていた。 自分はこのまま死んで行くのかも知れない。灰の中に身を焼いてしまうのかしら。無意(むい)(しき)に「死にたくない」とあせる心。 どっちに()げてよいか見当(けんとう)がつかない。その間に目の前が少しずつ明るくなった。
 友の姿(すがた)を見て(おどろ)いた。血まみれになっている人、火傷(やけど)して皮膚(ひふ)真黒(まっくろ)になっている人、 (かみ)の毛は(さか)()ってぼうぼうになっていた。()(つう)なら、すぐ目をそらせたくなるような姿(すがた)である。 私の黒く()けただれた手からは、油が汗のように流れている。()(よう)(におい)
 このままここにいてはだめだ。()んなの逃げる方向にとぼとぼついて行った。あちらこちらで助けを求める(さけ)び声。 コンクリートの(かべ)()半身下敷(はんしんしたじき)になって泣き(さけ)んでいる人。家屋(かおく)の下の方から「助けてくれ、助けてくれ」という(さけ)び声。 しかし、(だれ)もそんなことには()頓着(とんちゃく)で走り()ぎていってしまう。
 それからどのくらいさまよい歩いた事か。変り()てた(まち)方角(ほうがく)も何も分らなかった。
 ある橋のところに出た。それは後になって知ったのだが、比治(ひじ)山橋(やまばし)であった。電柱(でんちゅう)につながれた馬が、 血みどろになってあばれていた。暑い日光を()びながら、はだしでその橋を(わた)り、川端(かわばた)(こし)をおろした。 すると、他の学校の女学生達(じょがくせいたち)が、これも(あわ)れな姿(すがた)全身(ぜんしん)火傷(やけど)をおって、「水が()みたい」、 「水が()みたい」と言って、きたない川の水を()んでいる。橋の上の方から「水を()むと死ぬぞ」と(だれ)かがどなる声がする。苦しいのであろうか、 一人の女学生(じょがくせい)は川の中に入って行って、「早く死にたい」と泣き(さけ)んでいた。
 私は、(ちょう)()そこに()(あわ)せた(きゅう)助隊(じょたい)()動車(どうしゃ)に乗せられて宇品(うじな)に運ばれ、 船で似島(にのしま)()(なん)させられた。船の中では、全身裸(ぜんしんはだか)になって火傷(やけど)した一人の()(じん)(くる)ったように身をもだえて苦しんでいた。 似島(にのしま)に着いて丁寧(ていねい)()(りょう)を受け、ここで五日間、私の一生(わす)れることの出来(でき)ない生活が始まったのである。
 (いた)()(むしろ)()き、その上に(もう)()を一枚()いて雑魚寝(ざこね)である。あっちこっちにもつぎつぎに死んで行く人々。 それが毎日で、()(にん)と生きている人との()(べつ)がつかないほどである。
 二日目のことである。(となり)()ていたお姉さんらしい人が、今にも(いき)をひきとろうとしたとき、 ただ一言(ひとこと)「お母さん」といって死んでいかれた。(ちょう)()その時、一人の()(じん)が入ってこられた。 その人のお母さんであった。「お母さんは、貴女(あなた)をこれまでずっと(さが)しましたのよ。早く来てあげればよかったのね。少しおそかったのね」 と()(がい)に取りすがって泣いていらっしゃった。(みんな)もらい泣きをした。私も早く父母や兄にあいたい。家に帰りたい。 一刻(いっこく)も早くと思ってもどうすることもできなかった。
 五日目の(ひる)()ぎ、突然(とつぜん)私の名を呼ぶ声に目をあけた。あ、お父様(とうさま)幾日(いくにち)ぶりにお会いできたのかしら。 目から涙が流れた。父も男泣きに泣いて、その間一言も口をきく事ができない。ただ、「よかった」、「よかった」と泣くばかりである。 この時、父ともしめぐりあうことができなかったら、一体(いったい)どうなったろう?今思ってもぞっとするのである。


▲ページ先頭へ

Copyright (c) Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All rights reserved.