被 爆 体 験 記

三好 妙子(みよし たえこ)

 八月六日、家の廊下(ろうか)(すわ)っていた。 その時、稲妻(いなずま)(よう)な光が頭上(ずじょう)(とお)りすぎ、()(くら)になり、やがて明るくなった時、母、祖母(そぼ)、 私の三人は、吹きとばされ、床下(ゆかした)に落ちていた。
 身体中(からだじゅう)ガラス片が、つきささり、切りさかれ、血しぶきが吹き出ていた。 母の(のどには大きな穴があき、言葉(ことば)を発する(たび)に、 その穴から赤黒いメンタイコのような物がたれ(さが)った。私は、泣く事も物を言う事も忘れ、(だま)ってそれを見ていた。 母は、近くにあった布で、私の身体(からだ)にその布をさいて、必至(ひっし)に結んでくれた。 苦しい息をはき(なが)ら、 一滴(いってき)の血でも止めてやりたい、というように。その母の手は真っ赤で、ヌルヌルと血で( )っていた。
 「火が(まわ)って来るぞオ。早くにげろ」と(さけ)ぶ声がして、 私は誰か男の人の(わき)にかかえられた。 「お母アちゃーん」始めて私は(さけ)んだ。その人は、私を()いて、 ガレキの上を電車道(でんしゃみち)へ向かった。母と祖母(そぼ)が、ガレキの向こうに見えなくなってゆく。 母が、真赤(まっか)な手をかすかに()るのが見えた。 それが、母と私の最後(さいご)の別れでした。
 電車道(でんしゃみち)は、黒こげの人が皮フをぶらさげて、血でぬりつぶされた身体(からだ)で、ハダシで、(ただ)だまって逃げていた。 不思議(ふしぎ)と静かだった。
 (かわ)土手(どて)で、真っ赤にもえさかる空を見(なが)ら、一夜を明かした。 まわりに、中学生らしい黒い人形の様な人達が、たくさんころがっていた。 「お母さん」「お水を下さい」「熱いよう」その声も、だんだん小さくなり、やがて(いき)()えていった。 (さび)しくも恐ろしくもなかった。みんな人の形をした感情のない(かたまり)でしかなかった。傷だらけの身体(からだ)が痛みを感じたのは、三日位たって、 収容所(しゅうようじょ)で血のりのついた布を傷口(きずぐち)からはがされた時だった。思いっきり泣いた。そして、そのまま意識(いしき)を失った。
 気がついた時は、戦争(せんそう)が終わっていた。でも、その日から私の苦しみは始まった。 身体(からだ)(じゅう)につきささった硝子(がらす)破片(はへん)傷口(きずぐち)をはい(まわ)るうじ虫。 そして、毎日母を呼び、子供の名を呼び(なが)ら死んでゆくまわりの人達(ひとたち)。 そんな収容所(しゅうようじょ)での苦しい日々。板の上に()かされて、 私は、母との最後(さいご)の別れの記憶(きおく)だけは、 頭の中に毎夜(まいよ)鮮明(せんめい)()かんできた。夜空(よぞら)の美しい星を(なが)(なが)ら、 (おさな)い私は母を思い出し、毎夜(まいよ)(しず)かに泣いて( )た。
 あれから五十年。両親(りょうしん)や兄を原爆(げんばく)で失い、 自分は学徒動員(がくとどういん)に行っていて、 一人生き残った主人(しゅじん)は、思い出すのがつらいのか、決して、あの日の事は語らない。私も思い出したくなかった。 でも、いい古された言葉(ことば)だけれども、戦争がどんなに悲惨(ひさん)なものか、こんな話が信じられない今の子供達(こどもたち)に、 どうしても知って欲しい。そして、この平和がいつ(まで)も続く事を(いの)(なが)ら、ペンをとりました。


▲ページ先頭へ

Copyright (c) Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All rights reserved.