“原子爆弾死没者を心から追悼するとともに、その惨禍を語り継ぎ、広く内外へ伝え、歴史に学んで、核兵器のない平和な世界を築くことを誓います。”国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 2002年8月、オープン。

ホーム

祈念館について施設案内利用案内ダウンロードリンクお問合せ図書検索

English 中国語 ハングル
お知らせ <前へ   次へ>  : バックナンバー
 
2018.02.14 ~ 2019.03.31
平成30年度から被爆体験伝承者等を全国に無料で派遣します。


 
被爆から70年以上が経過し、被爆者の高齢化が進んでいます。
 被爆者の体験や平和への思いを次世代に語り継ぐため、被爆者から直接受け継いだ体験を語り継ぐ「被爆体験伝承者」や被爆者が記した被爆体験記・原爆詩を朗読する「被爆体験記朗読ボランティア」を全国に無料で派遣する「被爆体験伝承者等派遣事業」を平成30年度からスタートします。 
 派遣者は、申し込まれた団体が行う平和学習等の場で、被爆体験伝承講話又は被爆体験記朗読会を実施します。
                                                                                               

                   
 ◆被爆者から語り継がれた思いを聞き、被爆の実相を学んでみませんか。

                                                                        
                      

                                                                                                                         被爆体験記・原爆詩の一例
1 実施内容
 全国(広島市域外)の学校、自治体、その他の団体等が主催し、平和に関して学ぶ目的で行う平和学習等の場に、被爆体験伝承者、被爆体験記朗読ボランティアを派遣し、被爆体験伝承講話又は被爆体験記朗読会を実施します。    
           
    〇詳しい実施内容はここをご覧ください。    → 被爆体験伝承者等派遣事業の内容   ◆被爆体験伝承者等派遣申込書(word)     ◆チラシ

2 派遣費用
 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が被爆体験伝承者等への謝礼金と旅費を負担します。なお、会場費などの費用は、申込団体のご負担となります。

3 派遣申込の受付及び派遣先の決定               ※派遣開始は平成30年4月以降、順次派遣します。
 3月1日(木)から申し込みを受け付けます。(土・日曜日、祝日を除く)
 また、派遣先は原則として受付順です。日程や派遣先など申込みが重なった場合は、スケジュールを調整の上、決定します。なお、応募数が上限に達した場合は、受付を締め切らせていただきます。   締切後の派遣は費用が必要となります。       
        
    〇詳しい手続きはここをご覧ください。      →   被爆体験伝承者等派遣事業の申込み等の手続き
        〇派遣申込の受付~実施までの流れはここをご覧ください。     →  被爆体験伝承者等派遣事業の流れ    
     
     ◆被爆体験伝承者等派遣事業・開催結果報告書




 

 
▲ページ先頭へ

Copyright (c) Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All rights reserved.