“原子爆弾死没者を心から追悼するとともに、その惨禍を語り継ぎ、広く内外へ伝え、歴史に学んで、核兵器のない平和な世界を築くことを誓います。”国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 2002年8月、オープン。

ホーム

祈念館について施設案内利用案内ダウンロードリンクお問合せ図書検索

English 中国語 ハングル
お知らせ <前へ   次へ>  : バックナンバー
 
2015.12.28
企画展「原爆体験記-ヒロシマ原点の記録-」を開催しています
 
写真左:「原爆体験記」昭和25年(1950年)広島平和協会
写真右:広島市が募集した原爆体験記の原稿 所蔵:広島市公文書館
写真下:本通りから見た爆心地方向 昭和25年(1945年)8月7日
     撮影:岸田貢宜氏 提供:岸田哲平氏

■期 間
 平成28年1月1日(金)~平成28年12月28日(水)

■展示会場
 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 地下1階 情報展示コーナー

■概要
 被爆から5年後の1950年、広島市は核兵器のない平和な世界を築こうと初めて市民から原爆体験記を募集し、多数の応募がありました。まとめられた「原爆体験記」は国の内外に広く配布し、原爆の悲惨さを訴えるはずでした。
 日本はまだ占領下にあり、朝鮮戦争の勃発による東西冷戦の激化を受け8月6日の平和祭はGHQの指示で、直前に中止となり「原爆体験記」も広く配布されず、倉庫に眠ったままとなりました。
 被爆わずか5年後に書かれたヒロシマ原点の記録、生々しい記憶を基に記された体験記から、戦争や原爆の悲惨さ、平和への思いを伝えます。

 体験記 17編
 関連資料 20点
 3面シアターによる映像(3編、約20分)
※日本語字幕付きDVD及び英語字幕付きDVDを貸出しております。
  ご希望の方は当館までお問い合わせください。
  なお、DVDは数に限りがあります。ご了承ください。
  貸出申込書は右のリンクからダウンロードできます。  貸出申込書(PDF)
 
≪展示している体験記のうち3編をご紹介します≫
中前妙子さん   日本語(PDF 303KB) 
戸田幸一さん  日本語(PDF 322KB) 
小川春藏さん   日本語(PDF 335KB) 

 
▲ページ先頭へ

Copyright (c) Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims. All rights reserved.